ダーツのルール

動画で見るダーツの投げ方





グリップ


まずはグリップ。ダーツの持ち方のことです。
繊細なコントロールが必要な競技なので、あまり力を入れる必要はありません。
ダーツは指で軽く持って支えるだけ。支える位置はダーツの重心が基準です。
ダーツの重心から指一本分後ろの位置に人差し指がくるようにします。
最初に利き手とは反対の手でダーツが水平になる位置を探します。
次に利き手の中指で重心を抑え、人差し指をその隣に支えます。
あとは人差し指を基準に、バランスがとれるよう親指と中指を添えればOKです。


ダーツのスタンス


スタンスとは、ダーツを投げる際の立ち位置のことです。
これもグリップと同じく一般的な型はありますが、プレイヤーによって千差万別。
基本、右手で投げる場合は右足が前に出るということが挙げられます。
ボールを投げる場合に前に出るのは逆の足ですが、これは体の回転による遠心力を使ってより強く、より遠くに投げるためのフォームだからです。
しかしダーツの場合は強く投げる必要はなく繊細かつ正確なコントロールが求められるので、利き手側の足を前に出すという形になります。


ダーツのスローイング


スローイングとは、ダーツを投げる際の一連の動作を指します。
動画では、A,B,Cの3点を、目線、ターゲットの一直線上に捉えています。
リリース後、手首は下を向いています。そして身体の重心にブレはありません。



ダーツの選び方特集トップへ