ダーツの練習法



1.ダブルリング内を狙う


まず初めはダーツに慣れると共に自分に合ったグリップやスタンスを 決めることから始めます。 自分にとって投げ易い方法を見つけてボードのダブルリング内に ダーツが刺さるようになるまで練習します。 その際に、集中力を高め自分のリズムを作るように心がけます。

2.トリプルリング内を狙う


自分のグリップやスタンス、そしてリズムが作れ確実にダーツがボード に刺さるようになったら、次はコントロールの練習をします。 ボードのトリプルリングの内側を狙っていきます。 3本中2本が安定して入るようになったら次のステップへ進みます。

3.右半分左半分を狙う


ボードの右左半分を狙っていきます。左右の端を狙うときは体が無理 にねじれた状態にならないように立ち位置を変えて狙います。 3本中2本が安定して入るようになったら次のステップへ進みます。


4.上下半分ずつを狙う


一般的に、ダーツでは左右よりも上下の狙いの方が難しいので確実に上下の 投げ分け感覚を掴むため上下半分を狙っていきます。 上下の端を狙うときは力加減でなくリリースポイントで高さを調整していきます。 3本中2本が安定して入るようになったら次のステップへ進みます。

5.ボードの4分の1エリアを狙う


ボードを4つのエリアに分けて、狙う位置をさらに狭くしていきます。 ボードの分け方は色々ありますが、まずは左図のように上下左右に区切って 練習します。 慣れてきたら右上・右下・左上・左下と区切りを変えてやりましょう。

6.ボードの8分の1エリアを狙う。


ボードを8つのエリアに分けて、狙う位置をさらに狭くしていきます。 自分で決めた8分の1エリアを順繰りに狙っていきます。 8分の1のエリアを狙えるだけの精度がつけば、ダーツゲームの バリエーションも増え面白さも倍増します。


ダーツの選び方特集トップへ