ダーツのパーツ名称

ダーツパーツ一覧
ダーツは「ティップ・バレル・シャフト・フライト」の4つで構成されています。
基本的にそれぞれ取り外しが出来、後から各パーツを好みに変更が可能です。
各パーツのアレンジで、自分だけのマイダーツが完成します。


バレル


バレルはダーツの持つ中心部分として、感触と重量を調節する大事な箇所です。
一般的に重いものは投げやすく、軽いものは絶妙なコントロールが利きやすい。
初心者の場合は投げる感触を確かめるためやや重めのものを使用していき、慣れてきたら徐々に軽くしていくというのがセオリーになります。
そして現在、主流のバレル素材はタングステン合金です。
ダングステンは比重が高く、合金にはニッケルが含まれており水や空気に浸食されにくいという特性があるので耐久性も高いです。
以前はブラス(真鍮)が使われていましたが、タングステンと比べて比重が軽い金属なので重さを出すために直径が太くなってしまいます。やや初心者向けです。

ダーツは細い方が一点を狙う時に集中しやすく精密なコントロールができるので、細くしてもある程度重さを保てるタングステン合金製のものが主流になっています。


シャフト


シャフトは、ダーツの長さと全体的なバランスを調節する役目になります。
素材は、プラスチック・アルミ・グラスファイバー・チタンなどです。
一般的に多用されているのは、安価で軽量なプラスチック製のもの。
しかし耐久性がなく、ボードに刺さりそこねて落下すると破損してしたり、長く使うとフライトを差し込む部分がゆるくなったりします。
アルミの場合は重さがあり、ダーツ全体のバランスがとりにくくなる傾向があります。
グラスファイバーやチタンは軽い上に耐久力もあるのですが、プラスチックと比べて非常に高価となってしまいます。

長めのシャフトには、大きめのフライトを、短めのシャフトには、小さめのフライトをつけると、バランスがよくコントロールしやすくなります。


ミディアム/ロングタイプ

長めのシャフトは力をあまりいれず狙ったところに飛ばしやすい。
デザインもさまざまでカラーバリエーションも多いです。

ショート/エクストラショートタイプ

全体的に太いものや、軽くするために、中央に穴を開けているものもある。
短めのシャフトをつける場合は、フライトも小さめを選びます。


フライト


ダーツの飛び方を安定させる羽の部分。大きさや形はさまざまです。

大きめのサイズ

空気抵抗が増え、ラクに安定した投げ方ができる。初心者にオススメ。

小さめのサイズ

シャープに飛ばしたいときや、同じ得点を狙うときは小さめで。中級者以上。

特殊な形

例えばハート型など、デザインは多種多様。可愛らしい形は女性にオススメ。
好みのフライトでマイダーツをアレンジするとおしゃれです。


ティップ


ティップは、ダーツボードに刺さる部分。プラスティックでできており、消耗品。
長さもいろいろだが、ロングサイズは刺さりやすく、ショートサイズは丈夫です。
軽量化を図るため穴が開いてるのもあり、いろいろ種類を揃えても良いでしょう。


ロングサイズ

ボードに刺さりやすいので初心者にオススメ。
また、バレルとの距離が長いので、同じ得点を狙う上級者にもオススメ。

ショートサイズ

ロングよりも軽いため、ダーツ全体の重さに影響が少なくなる。
また抵抗力が強いのでロングより丈夫。
ティップが折れやすい時は、こちらも試してみましょう。


もっと詳しく見る


ダーツの選び方特集トップへ