ダーツの選び方(バレル)


バレルの分類


バレルの特徴に対する呼び名があります。

「ストレート」は長く直線的形状。
「魚雷」は長く細い前方が膨らんだ形状。
「砲弾」は短く太い前方が膨らんだ形状。
あと、細く短いタイプが「石系」です。


度々出てくる、魚雷、トルピード、ストレート、砲弾その他の名称ですが、これらの名称は、明確な分類は難しい上、メーカーによって呼び名が異なったり、魚雷とトルピードは日本語か英語かだけなのに、形状が別に分類されていたりとかなり曖昧な感じとなっており、メーカーごとに呼び名に従っても、他メーカー同士のバレルの比較などで混乱するので、個人の感覚で分類して良いです。


投げた際の感触は千差万別。基本的にバレルの性能に優劣など存在しないと考えます。
どちらか一方が優れているという感覚も、あくまで「相性が良かった」に過ぎません。

またバレルの付加価値は、タングステンの純度や形状やカットの複雑さに左右されるのですが、この2つの両立は難しくなっています。
高純度のタングステン棒の加工には高価な炭化チタンの刃物が必要で、何種類ものカット形状に対応するのは大変だからです。
以上の観点から値段は気にしすぎず、自分にあったダーツを選ぶのが一番だと思います。


初心者にとっては、まあ種類多すぎて意味不明ですね。
メーカーから多いし、なんか素材とか形状とか色々あるし。
千差万別でありながら、性能に優越つけられないので。
結局その中で自分にあったものを探せなんて。言われてもね。最初は無理です。

自分のスタイルが確立されてない初心者にマイダーツとか難しい話。
結局は初心者向けの安いのを最初に買うべきではあります。
そこから自分のスタイルを見つけて行くしか無いんですよね。
本格的なダーツ選びは、ある程度経験を積んでからが本番。

よって最初のお勧めは、ブラス(真鍮)を素材としたダーツです。
投げやすさと価格面を考慮した無難な選択になります。


ダーツの選び方特集トップへ